019-622-1212

煙山ひまわりパーク

最終更新日:2018年9月3日
煙山ひまわりパーク ~矢巾町~
東を向いて一斉に咲くひまわり
(写真提供:矢巾町産業振興課)
幣懸の滝
幣懸の滝

けむ やま ひまわりパークは矢巾町南昌山自然公園の東端で、煙山ダムの北東に位置し、春はしだれ桜や菜の花、夏にはひまわりが咲き誇ります。

県が所有していた旧煙山苗畑の一部を平成15年に町が取得し、ひまわりの種を蒔きました。冷夏で成長が遅れたものの、9月に約2万本の花が咲いたのが始まりで、その後、作付面積を増やしながら今年は2.8ヘクタールに40万本の花を咲かせる予定です。

毎年地元住民の協力を得ながら種を蒔いて作業を行い、見頃を迎えると見晴らし台から一望できます。近年はメディアで取り上げられる機会も増え、矢巾の夏といえば「ひまわり畑」を思い浮かべる方も多く、町の観光スポットとなっています。

ひまわり畑は8月中旬に見頃を迎え、最盛期には多くの家族連れが訪れます。花が太陽の動きに連れその方向を追うように回ることがひまわりの名前の由来といわれていますが、当地のひまわりは一斉に開花する品種で、ほぼ全てのひまわりが東を向いて開花した光景は圧巻です。

また、周辺には 幣懸 ぬさかけ の滝や南昌山など大自然を満喫できるスポットがたくさんあり、満喫した後は近くの矢巾温泉で体を癒すこともできます。お盆に帰省したお子様家族や親戚の方などと一緒にひまわりパークやその周辺を散策し、楽しい夏の思い出としてみてはいかがでしょうか。

  • 問合せ先:矢巾町役場産業振興課
  • TEL:019-611-2605

(岩手経済研究2018年8月号で紹介)