019-622-1212

ギャラリーIZUMITA

最終更新日:2016年12月1日
ギャラリーIZUMITA ~野田村~
ギャラリーで泉田氏と展示作品
ギャラリーIZUMITA/のだ窯 案内図
ギャラリーIZUMITA/のだ窯 案内図

「ギャラリーIZUMITA」は県の沿岸北部野田村に平成19年に完成した国内有数の現代陶芸家泉田之也氏の展示施設です。

泉田氏は陸前高田市出身。サラリーマンを経て平成4年に小久慈焼の窯元・下嶽岳芳氏から小久慈焼を学び、7年から野田村のアジア民族造形館にある「のだ窯」で作陶を始めました。12年と14年に朝日陶芸展でグランプリを獲得し、21年には日本陶芸展で優秀作品賞を受賞しました。近年はアメリカやドイツの展覧会に出展するなど海外進出も果たした新進気鋭の陶芸家です。

泉田氏が2度のグランプリを受賞した朝日陶芸展は現在中止となっていますが、昭和38年に陶芸家の登竜門として発足以来、現代陶芸の潮流を見極める展覧会として注目を集め、人間国宝をはじめ陶芸界を牽引する多くの陶芸家を輩出してきました。歴代グランプリ受賞者は焼物の本場である愛知や岐阜、京都等の出身者が多い中にあって泉田氏は東日本出身で唯一、2度のグランプリを受賞しました。

「のだ窯」で制作される泉田氏の作品は種類が豊富な周辺の土を使い分け、地元産にこだわった作品を作り続けています。日本では最も古い製法の穴窯で焼かれるため表面は自然な風合いの作品となっています。

ギャラリーには、創造力あふれる感性が生み出した個性豊かな芸術作品や、小久慈焼の伝統を受け継いだ洗練された生活実用作品が展示されています。展示品は鑑賞のほか購入も可能で、予約で陶芸の体験もできます。

小春日和の休日、「ギャラリーIZUMITA」や作陶場所の「のだ窯」に足を伸ばし、地域の風土が育んだ陶器の世界を楽しんでみてはいかがでしょうか。

  • 問合せ先:ギャラリーIZUMITA(岩手県九戸郡野田村玉川5-79-17)
  • 休廊:水曜・木曜・第4日曜日
  • TEL:0194-78-3403
  • のだ窯:アジア民族造形館内(岩手県九戸郡野田村野田6-63-2)

(岩手経済研究2016年11月号で紹介)