019-622-1212

八幡平

最終更新日:2015年11月2日
八幡平「八幡平山賊まつり」 ~八幡平市~

「八幡平」は、岩手県八幡平市と秋田県仙北市、鹿角市にまたがる高原状の山々の連なりで、標高1613mの八幡平山頂を中心に八幡沼、源太森、茶臼岳、 もっこ 岳、秋田県側の焼山を含む地域の総称として知られています。

その雄大で神秘的な景観は十和田八幡平国立公園に指定されており、岩手山、早池峰山とともに深田久弥の「日本百名山」にも挙げられる人気の山です。

「八幡平」という名前は坂上田村麻呂が、蝦夷討伐の途中、八幡沼のほとりで戦神、八幡大神に勝利を祈願したことに由来すると伝えられます。

10月、八幡平はいよいよ紅葉の見ごろを迎えます。八幡平へは、その名のとおり楯状(アスピーテ)の山並みを秋田県側まで横断する「八幡平アスピーテライン」と、松川温泉から藤七温泉を経て、頂上付近でアスピーテラインとつながる「八幡平樹海ライン」が走ります。いずれも絶好のドライブコースで、八幡平の美しい秋を存分に堪能できます。また、10月10日(土)~12日(月)は、八幡平市さくら公園で「八幡平山賊まつり」が、17日(土)~18日(日)は、岩手県県民の森で「八幡平紅葉まつり」が開催されるなど、さまざまなイベントも目白押しです。この機会に、ご家族やご友人とお出かけになってはいかがでしょうか。

  • 問合せ先:八幡平市観光協会
  • TEL:0195-78-3500

(岩手経済研究2015年10月号で紹介)