019-622-1212

おおはさまワインまつり

最終更新日:2015年10月1日
おおはさまワインまつり ~花巻市~

実りの秋を迎え、県内有数のぶどうとワインの産地、花巻市大迫町では恒例の「おおはさまワインまつり」が9月20日(日)に開催されます。

会場では大迫のワインを味わいながら、焼き肉や焼き魚、チーズなど、立ち並ぶ露店が提供する地域の味覚を楽しめます。また、ワイン娘による葡萄踏みの実演や早池峰神楽の上演などさまざまなイベントが予定されているほか、ワインやぶどうをはじめとした大迫の特産品の販売も行われます。

大迫のワインづくりは、昭和22年のカスリン台風、23年のアイオン台風による深刻な被害からの復興策のひとつとして、県の農業試験場大迫葡萄試験地が開設されたことに始まります。その後、現在の株式会社エーデルワインの前身である岩手ぶどう酒醸造合資会社が設立され、永年に渡る試行錯誤の結果、近年は国内外のコンクールで金賞を受賞するほどの高い評価を獲得しています。

一方、高齢化などの理由から、ぶどう栽培農家が減少しており、今年は募集に応じたボランティアの「ぶどうつくり隊」の皆さんが、熱心に作業をお手伝いしています。つくり隊の活動は無償ですが、ワインまつりでは早池峰神楽の権現様に優先的に厄払いしてもらえるなどの特典があるそうです。

  • 問合せ先:大迫ワインまつり実行委員会(花巻市大迫総合支所内)
  • TEL:0198-48-2111

(岩手経済研究2015年9月号で紹介)