019-622-1212

道の駅「釜石仙人峠」

最終更新日:2015年8月3日
道の駅「釜石仙人峠」 ~釜石市~

道の駅「釜石仙人峠」は県内31番目、釜石市では初の道の駅として、今年4月にオープンしました。国道283号線と仙人峠道路の合流点に隣接し、緑濃い山並みと清流、甲子川を望みます。

地域振興を目的とした軽食コーナーや地元の農産物、加工品などの直売コーナーが設けられており、「釜石ラーメン」や「しょうゆソフトクリーム」が人気のほか、秋には地元の名産「甲子柿」の販売も予定されています。

旧「釜石街道」は藩政以前から内陸地域と沿岸地域を結ぶ重要な交通路でしたが、仙人峠はなかでも最も険しい難所として知られていました。その仙人峠にトンネルを通し、自動車が通行できるようになったのは昭和34年のことです。平成19年3月には新しい仙人トンネルと自動車専用道路・仙人峠道路が開通し、釜石市と内陸地域は一層行き来しやすくなりました。

釜石市は、来年の「希望郷いわて国体」でラグビー、トライアスロン、水泳競技の会場となるほか、4年後にはラグビーワールドカップの開催を控えています。道の駅「釜石仙人峠」は、古くから人々の往来を見守ってきた仙人峠の新たな名所として、県内をはじめ全国、さらには全世界から訪れる人々を迎える釜石の西の玄関口としての役割が期待されています。

  • 問合せ先:道の駅「釜石仙人峠」
  • TEL:0193-27-8530

(岩手経済研究2015年7月号で紹介)