019-622-1212

とおの物語の館

最終更新日:2014年3月3日
とおの物語の館 ~遠野市~

「とおの物語の館」は、JR釜石線遠野駅から南へ徒歩約7分、遠野市中央通りにあります。民俗学者・柳田國男の著書「遠野物語」で知られる遠野地方の民話の伝承を目的の一つとして開設された「とおの昔話村」をリニューアルし、「とおの物語の館」として昨年4月にオープンしました。

当館は、昔話をテーマに子供から大人まで楽しむことができる体験型の施設となっています。「昔話蔵」では、映像や音声で昔話の世界を体感できるほか、オリジナルの昔話が作成できるコーナーもあります。造り酒屋の蔵を活用した「遠野座」は劇場空間となっており、語り部による昔話や郷土芸能を鑑賞することができます。

柳田國男が宿泊した「高善旅館」と、晩年を過ごした「旧柳田國男隠居所家屋」を移築・復元した「柳田國男展示館」では、その生涯と功績をパネルや著作などで紹介しています。

とおの物語の館では、2月22日、23日に遠野昔ばなし祭りが開催されます。小学生や語り部が話すこの地方独特の方言や口調により遠野の昔話の世界に触れることができます。

  • 開館時間:午前9時〜午後5時(入館受付午後4時30分まで)
  • 休館日:年中無休(2月中旬にメンテナンス休館あり)
  • 入館料:一般/500円、高校生以下/200円(遠野城下町資料館との2館共通料金)
  • TEL:0198-62-7887

(岩手経済研究2014年2月号で紹介)