019-622-1212

小袖海岸

最終更新日:2013年4月1日
小袖海岸 ~久慈市~

久慈市の南東部に位置する「小袖海岸」は、岩礁や断崖が連なる北部陸中海岸の景勝地であり、陸中海岸国立公園に指定されています。

太平洋の荒波が造り出した奇岩のひとつ「つりがね洞」は、かつて洞穴の中に釣鐘型の岩がぶら下がっていたことからその名がつけられました。明治29年の津波でその岩は流されてしまいましたが、毎年夏至の頃には、洞穴の向こう側から朝日が昇る神秘的な光景を目にすることができます。

小袖地区では古くから素潜り漁が盛んで、「北限の海女」として広く知られています。ウニ漁の解禁となる7月から9月にかけて、小袖海女センター付近で観光客向けに漁が実演されているほか、8月にはイベント「北限の海女フェスティバル」も開催されています。

この4月から始まるNHKの連続テレビ小説「あまちゃん」は、東北にある架空の町「北三陸市」が舞台となっており、ヒロインが海女である祖母に憧れ、修行に励み成長していくという内容です。小袖海岸など久慈市が主なロケ地となっており、全国のお茶の間に向けて紹介されることに期待が寄せられています。

(岩手経済研究2013年3月号で紹介)