019-622-1212

ほっとゆだ

最終更新日:2012年2月1日
ほっとゆだ ~西和賀町~

「ほっとゆだ」はトンガリ屋根の時計台が特徴的なJR北上線ほっとゆだ駅舎内にある全国的にも珍しい駅ナカ温泉施設です。

泉質は弱アルカリ性で動脈硬化や切り傷、やけどなどに効能があるとされており、朝早くから地元の人々に利用されています。

あわ風呂、寝風呂などがある大浴場でひときわ目に付くのが壁に設置された信号機です。列車到着の目安を知らせるためのもので、列車が到着する45分前に青、30分前に黄、15分前に赤と点灯し、乗り遅れ防止に一役買っています。「ほっとゆだ」の名物でもあるこの信号機を見るため途中下車する旅行者もいるほどです。

「ほっとゆだ」の周辺には砂風呂「砂ゆっこ」と洞窟風呂「穴ゆっこ」の二つの温泉施設があります。砂ゆっこは東北地方初の砂風呂で、町で採れる天然けい砂を温泉のお湯で熱しているため体の芯まで温まります。腰痛をはじめ、肩こり、冷え性などに効能があるとされています。穴ゆっこはかつてこの地区に存在していた鉱山の坑道をイメージした洞窟風呂で、中は湯気がこもるためスチームバスの効果もあります。

県内随一の豪雪地帯でもあるこの地域では雪合戦が有名です。毎年、地元の湯田小学校で「ほっとゆだ北日本雪合戦大会」が行われており、今年は1月28日、29日に開催される予定です。

  • 営業時間:午前7時〜午後9時
  • 休館日:毎月第2水曜日(祝祭日の場合は翌日)
  • 入浴料:大人/250円 中学生以下/100円
  • 問合せ先:株式会社西和賀産業公社
  • TEL:0197-82-2911

(岩手経済研究2012年1月号で紹介)